有料の老人ホームについて

Home / 有料の老人ホームについて
0 Posts

有料の老人ホームに入る老人は、イメージ的に「お金持ちの老人が入る」だったそうですが、最近は、2000年に介護保険制度が始まったので、入りやすくなったようです。
身近になってきているようなので、そういうイメージが変わってきているようです。
老人ホームによって、サービス内容や料金がそれぞれ違ってくるので、状況に合わせて施設を選ぶのが大切になってきます。
有料老人ホームは大きく分けて3種類あります。
「介護付・有料老人ホーム」、「住宅型・有料老人ホーム」、「健康型・有料老人ホーム」に分けられています。
それぞれの老人ホームによって、入居の基準やサービス内容、そして特徴が違ってきます。
それに、入居者の状態によって入居できるタイプが限定される場合があります。
その辺は、事前に確認しておくべき点で、自身がどのタイプに入居できるのかを知っておくべきです。
あと、入居はできるけれど、どのタイプだと、生活がしやすいのか、快適に過ごせるのか等も考えて選択していかないといけないようです。
老人の方が、快適に生活を送れるようになるのためには、事前確認でしっかり理解し、納得いくまで検討して、失敗のないように選ぶことが、大切になってきますね。
有料の老人ホームに入居する際にかかる費用は、それぞれのホームによって違ってきます。
設備・サービス・場所等で、かなりの差があるようです。
有料の老人ホームで、最もトラブルが多いのが費用のことのようなので、事前にどうれぐらいの費用がかかるかをきちんと確認しておくのが良いですね。
費用の項目は、入居金・月額費用・介護保険自己負担金・上乗せ介護料・個別契約サービス料等にわかれているようです。
ざっくり分けてこのようになるみたいですが、使用途がわからない場合は、質問をして納得してから契約したほうが良いみたいです。
入居一時金を最初に払う費用ですが、入居する際に必要な費用になります。
入居一時金の保全義務というものがありまして、入居一時金等の前払い金がある場合は、「500万円or返済債務残高」のうち、低いほうの全額を保全しなければならないと定められているそうです。
それから、クーリングオフは、契約から90日以内に契約を解除した場合は、入居一時金は全額返ってくるようです。
老人の方にとっては、入居する前に、色々知って確認してから決めなければならないので、大変なことだと思います。
簡単に決めてしまうと、トラブルの元になるので、大変でもきちんと調べておかないといけないですね。