最近多くなったと思います、病院と一緒になった老人ホームです、以前、入院していた病院も、そういった病院でした、確かに老人ホームの介護は大変だと思います、色んな病気に対応しなければいけないので、病院と同じなら安心が出来ます、其処の病院は10日置きに救急病院にもなりますが特に、老人が多く、入院患者の8割が老人です。
もちろん救急病院ですから24時間体制で面倒を見てもらえます。
ただ、入院している患者さんが痴呆症の患者さんもいるので、結構、看護師さんは大変です、夜中でも歩き回っているので、看護師さんの詰め所でベットを置き面倒を見ています。
色んな有料のホームがあると思います、元気な内は温泉つきのホームもいいなと思いますが、やっぱり先を考えると、設備や介護に充実したのがいいのか、迷ってしまいます、近所にも有るのですが、ティーサービスなんかをやっています、それに其処の車が週に2回スーパーに入居者で車椅子の人を付き添って買い物に来るのです、付き添いの介護も大変です。
でも、支払いは本人にさせています。
ただ、物を買うのじゃなく責任を持って支払うと言うボケ防止だと思います。
人間は買い物をする事は本当にストレス解消になると思います。
色んな老人ホームの探し方を勉強して、良い暮らしを築きたいです。
私は特別養護老人ホームで仕事をしております。
老人ホームって、閉鎖された空間って感じがありますよね。
実際にそうかもしれません。
地域密着と言っても、外には危険がいっぱい。
そんな危険からご利用者を守らなければなりません。
そうすると閉鎖されているような感じが出てしまいます。
そんな外からはあまり分からない老人ホームの探し方ってどうしたら良いのか?私の考えはこうです。
まず仕事をしている信頼できる友人に話を聞きましょう。
特に良いのはいろいろと施設を変えている人。
ひとつひとつ施設の雰囲気は違います。
他の施設を知っているって事は、そのような情報に優れています。
次に実際にショートステイで短期間、利用してみる。
実際に生活してみて、どうかを感じる事ができます。
実際に介護者がご利用者に提供する仕事内容は、どこも同じような感じです。
何が選定理由になるかといえば、やはり施設の雰囲気だったり、働いている職員がどうかだと思います。
私も友人に相談されていろいろと教えましたが、実際にはご利用する本人に決定する能力が残っていれば、それを尊重するべきだと思いますが。
うちの祖母も、そろそろだと思います。
私自ら施設を回って、職員の目線で確認して行こうと思います。